×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダンベルを選ぶ|全身の筋肉を鍛えるなら重量変更可能なダンベルを!

ラバーダンベル

腹筋、腕立て、懸垂など自重トレーニングでは器具は使わなくて済みますが、負荷が変えられないため鍛え上げるのに限界があります。ダンベル(あとベンチ)があればトレーニング種目を変えることでほぼ全身の筋肉にそれぞれ集中的に負荷を加え効果的なトレーニングができます。筋トレ器具にあまりお金をかけたくない方にひとつ揃えるならダンベルをおすすめします。

全身の筋肉を鍛えるのにダンベルを使うなら、個別に負荷を調節する必要があります。ウェイト固定式のダンベルは確かに安いですが、筋肉が付いてきたときに負荷を上げられない上に、全身のそれぞれの筋肉に合った負荷を効果的に効かせることができません。

重量変更可能なウェイト交換式のダンベルを使いましょう。固定式に比べると高いですが、手ごろな価格で手に入ります。

これがオススメ こちら ダンベルラバータイプ

ダンベルの重さを選ぶ

ウェイトプレートで負荷が交換可能

これからダンベルトレーニングを始めようという方には、まずは20kgまでウェイトがあれば十分でしょう。種目によっては重いウェイトも必要ですし、筋肉がついてくれば負荷が小さいと物足りなくなってくるので少し重いかなぐらいまでのウェイトを揃えておきましょう。どうせ重さは調節できますし、それでも物足りなくなったらウェイトプレートのみで通販できます。バーベルとも兼用できる場合も多いので、まったく必要なくなるということはないと思います。

逆に女性など、負荷を上げていくトレーニングが必要でない方や軽いダンベル運動しかしないのならば、1,2kg程度の固定式ダンベルでも十分な場合があります。この場合はホームセンターなどで実際に持ってみてあなたに合った重さかどうか確認してから購入するようにしましょう。

自宅で便利なラバータイプ

家で安全にダンベル

自宅でストレスなくダンベルを使うなら、ラバータイプのダンベルがおすすめです。ラバーでないタイプに比べ、床の傷防止とダンベルを置くときの音を静かにする効果があります。床の傷や音に気を遣って毎回ゆっくり床に置くというのもいいですが、高回数や高負荷で筋肉を自分の限界まで鍛えたいならそうもいきません。特にフローリングでトレーニングする場合にはラバータイプでないと置くときに毎回気を使います。ダンベルを不意に落としてしまうなど、筋トレ時の安全性の面でも家庭で使うならラバータイプのダンベルを選びましょう。

価格が若干高いのと、始めゴム臭さが気になるのがデメリットですが、ここならもともと安いのであまり気になりません。

ダンベル関連コラム

ダンベルで可能な筋トレ種目

ダンベルでできるトレーニング種目をちょっとだけ紹介。写真がないのでわかりにくいです。名前と簡単な説明だけ載せておきますので、個別に調べてください。

女性に最適!ダンベル運動

ダンベルエクササイズが二の腕の引き締め、シェイプアップに人気です。筋肉質になってしまうと不安な方にも、そんなに簡単にムキムキにはならないので大丈夫

ダンベルをトレーニングに効果的に使うなら、鍛える部分によって重さを変えたり、負荷を徐々に大きくすることができる、プレートを取り換えられるタイプを選ぶべきです。一般男性がダンベルでの筋力トレーニングを始めるなら、重さの目安は片腕(Max)20キロ、つまり両腕40キロですから、購入して自宅に運ぶのも一苦労、送料の問題はありますが、通信販売での購入をおすすめします。おすすめショップはこちら

ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】

こちらのショップは、高品質な器具を低価格で販売していて人気なのですが、送料が高いのが痛いところです。たまに送料無料で販売しているので、その期を逃さないでください。最近ではGWのときに送料無料で販売していました。トレーニング器具のような重い商品は送料のあるなしでは値段に大きな差が出るので時期を待つというのも手です。

ダンベルで鍛えられる部位は、腹筋、背筋、大胸筋、上腕二頭筋など個別に詳しく挙げればきりがないほどいろいろなトレーニングができる器具なので、一番初めに購入する方も多いでしょう。ダンベルがなくても鍛えられる部位なら、自重でやってもいいですが、大きな違いは負荷を集中的に目的部分に与えられることです。ですから、部分的に鍛え、筋力に差が出てきますから、別の部分で同じウェイトでは鍛えられません。十分なトレーニングで鍛えた上で、ある程度ウェイトが固定されたら好みに応じて固定式のものに替えるのが正しい選び方だと思います。

Copyright © ダンベルの通販 安い価格で高いトレーニング効果を All rights reserved